Tabi×Tabi【弥山】

2017年1月4日(水)晴れ

今年初のTabi×Tabiは

宮島弥山。小3 創太と向かう。

自宅皆実町(広島市南区)から宮島へ。

<ルート>

●広島電鉄皆実町6丁目→広島駅(広島電鉄)

●広島駅→宮島口(JR西日本)

●宮島口→宮島(フェリー)

正月明け、さほど寒さは感じられない。

弥山に上がれば汗だくになること間違いなし。

日本三景の1つ宮島。世界遺産でもある厳島神社を

目的とされる方も多い、しかし目指すは「弥山」

奥深く、1万年以上前からの自然が今も残る。

山頂には巨岩群が、北斜面に天然記念物の弥山原始林がそびえる。

パワースポットなのかパワーライトなのか?

何かが違う。何かはわからない。

緑が実に豊か。

木がデッカイ!!!

子供の感想は実に素直で面白い。

まるで凍えるジャングルだ~

弥山から瀬戸内海の島を見渡す。

思わず、島が欲しくなる一瞬だ。

お地蔵さんがお茶目だ。持って帰るか?

そんなことしたらイケン!(ダメという広島弁)

もう一息だ!

到着すると1円の山がある。

行けばどこかホッとする宮島弥山。

広島人だからだろうか?そんなこともないか?

寒い場所に生息する種と暖かい場所に生息する種が共存している。

海に面しているからだろうか?どこか暖かい島に来たような

錯覚もする。自然に触れることが滅多にない故、自然を身近に感じたい。

広島は海も山もある故、恵まれた街と感じる。

自然は一度壊れたら元通りにならない。

行きは紅葉谷から上がり、帰路はロープウエイを利用。

植物図鑑で採集し調べてみたくなる、そんな弥山。

歴史から?パワースポット?牡蠣?

目的はさまざまな身近なTabi×Tabi、1回目無事終了。

 

text

Masahiko Mito (with Sota)